はるくんやっほー。

わたしは少し前まで長野県佐久市に滞在してました。
めちゃくちゃ長閑。のどか。のどか。のどか。

滞在していた野澤館
おかみがフレンドリーだし、意識高い系だし、2週間くらい毎日3時間くらいおしゃべりしてた。
仕事もリモートにしていただいて、会社に行かなくっていい自由を謳歌させていただいちゃったよ。

20代の頃から漠然と持ってる<長野に住みたい>熱が再燃した。


え?なんで長野にいたのかって?



ママ友と軽井沢行ってたママンが久しぶりに友達の別荘におきっぱなしの自転車乗ったら、
なんだかハンドルがおかし
くて車道に飛び出して行って、後ろから来た車に時速40キロでひかれたの。

病院から電話受けて、修理から戻ってきたばかり(受け渡しの10分後に出発した)の車で長野向かったんだけど、
車内で何年かぶりにそんなに長時間(3時間くらいかな)パパと二人きりで

ママ死んじゃったらどうする?このふたりは気が合わないよ?どうする?」

て空気がずっと流れてた。
さすがに二人とも大人だから、仕事や、ほかの家族の話とか関係ない話をするんだけど、
総じてふたりとも時間と車が前に進むのをただただ待ってた。


パパは事故おきてすぐ自分の親とかママの親に電話して現状を報告するんだけど内容が「ママが事故に遭ったからこれから長野に向かう。けがの程度は、肺と腎臓と副腎が損傷してる」ていうの。
自分だったら病院に到着して、本人見て、病院の説明受けて、自分の中で整理するまで、何も言わないだろうなーとか違いがまたひとつひとつ浮き彫りになったりしてね。

そのやりとりがやけに騒々しくて、マジで「勘弁してよ」って感じだった。





とにかくそんなことがあったのはもう1ヶ月前で、ママは家でおとなしくしてるフェーズに入ってる。


なにはともあれ、ハッピーバースデー、ハルくん。


2018.10.04.
ぶちこ