DSC_9056

ハルくん、明日の入院に向けて人生の総集編というか、念には念を入れて、icuへ行ってきました。

HYTくんが下宿していたあたりにあるカフェバーJUNに行ったら、ヒロミさんとママに熱烈歓迎していただき、新婚について冷やかされました。
卒業して10年経っても「あやちゃん」と呼んでもらえる拠点を作っておいた(と言っても、JUNは当時はすでに珍しかった昔ながらの喫茶店で、昼間は優しくてチャーミングなママと、ワケアリっぽいのは雰囲気だけの妖艶な娘のヒロミさんがカフェをやっていて、夕方くらいになるとわたしの好みドンピシャの手先は冷たいけど体感は温かいよ系イケメンのゲキ渋マスターがバーテンダーとして出現するし、漫画も『寄生獣』とか絶妙にもう一巻読みたくなるラインナップで、いつ帰ればいいのかわかんない&ずっと居ても全然怒られないから居座ってしまったワケなだけなのだけど)そんな早熟な自分を賞賛しながら、バスでicuに向かいました。

バスの中で、学校紹介のアナウンスが流れて。わたしには「自由に 自由を 自由のために 学ぶ」って聞こえたの。

すごく響いてしまった。


「ああ、わたし いま 不自由なんだ」って気づかされてしまった。




そのあと学内の散歩したら、ノスタルジーが湧き上がりすぎて破裂するんじゃないかと思いました。
心の底から思いました。
なぜ卒業してしまったのだろうかなんてことさえ考え始めました。
もちろんずっと在籍という苦しさもあるとは思うのだけれどもね。

I miss you my icu life that much.ってことね。



あと、わたし忘れてるだけなのかな。
icuの時って、今ほど人に怒ったりしなかった気がする。
あんまり、とか、ちっとも、とか、全然、とは言いません。
<今ほど>です。笑

その代わりと言ってはなんなんだけど、家族の前ではとてつもなく態度が悪かった。

家に帰りたくないサラリーマンの気持ちめっちゃわかるんだよね。
一人暮らしだったけど、お盆とかお正月とか結構億劫で。ずっと三鷹に居たな笑
今はむしろ、仕事行きたくない。ずっとお家にいたい派になってしまったんだけど。

どっちも同じくらい楽しくなる方法ってないのかな。
any ideas?
それとも、楽しいは有限でどちらもまあそこそこ楽しいくらいに落ち着いてしまうのかな。

もし、どちらもスーパーハッピーは無理って言うんだったら、今は迷わず家庭を幸せにする。
そして、お気に入りの友人を頻繁に招いて、cats and chocolateに勤しんだりしたいのです。

2017.09.26.
ぶっちー