DSC_9625

ハルくん
毎度ご無沙汰しておりますぶち。
手術に向けて、勤続アレル…、いや金属アレルギーの検査をしたり、
結婚式の招待状を作ったり、なんとなくやることはある8月が終わり、
まったく効果の出ないダイエットや、フィナンシャルプランナーとかプライベートバンカーの勉強を始めたり始めなかったりしそうな9月になりました。

元気してる?

あのあともう一回京都に行ったんだよね。
そしたら、なんていうか…自分の反対側みたいな人に、出会ったよ。

質問上手な人でね、ついつい自分の中にもぐって行って考えたくなる(ハルくんは知ってると思うけど、わたしヒトマエでこの作業するのすごい苦手。だいたいのことは反射で答えて流す)
出題ばかりで、
つむじから湯気出てるんじゃないかと思うくらい考えた。

それでね、一生懸命考えて答えるんだけど9割くらい「オモんないなー笑」て言われるの。
「驚くほど視野が狭い」「死ぬほどおもしろくない」「怒りすら感じる」ていうメンタル千本ノックを、2夜連続で、自ら寄って行って、受けてきたよ。
仕事だったら30回くらい辞表提出して50回くらい受理されてると思う。

その中で、
「そんだけ嫌いなことあるなら反対に、好きなこともいっぱいあるんじゃないのか」
ていう出題と
「自分にとって一番大切なことはなにか」
ていう出題があって。

1問目の好きなこともたくさんあるんじゃないかっていう問いが単体で出たときは、
あるけど仕事にしたくないの、って答えだったの。

これは本当。

まあもちろんカミナリを食らうわけです。
ディズニーランドに高いカネ払っって並んで2、3個しかアトラクション乗れなくても
その人達また行くわけ。価値を感じてもらえればそれでビジネスなんだ的なカミナリ。

それ単体でも納得。なるほど、と。
明日もこのノックしに来ようとなるわけです。

そして二日目。
「ぶっちは何が一番大切なの?」と聞かれたの。
「なんにもしなくてもいい、が一番たいせつ」て答えたら、
「それでも、ご飯食べて、寝て、トイレ行って、いろいろするでしょ?」て。
ごもっとも。
なんなら、お風呂も入るし、洗濯するし、着替えるし、掃除機かけて、気分が良ければキッチンの大掃除したりする。お酒も飲むしね。
いろいろやってるの。
で、答えを見つけたよ。
「今日はなにをしようかなぁ」
わたしには、これが一番たいせつなんだなってわかった。

「わたしはやりたいことは何もないんです」て言うと幸せの感度が低いんだと思われるようなのだけど、
わたし多分幸せ感動高すぎるんだと思う。
体弱かったから、
みんなと同じご飯食べられるの幸せ、とか、
自分で料理したら、何が入ってるか大体把握できて安心で幸せとか、
掻き傷でパジャマ張り付いてないから朝着替えるの楽チン♡とか。
逆に、すごく楽しみにしてる用事があっても、
その日にアトピー爆発してたら外出できないし、
外出できてもちっとも楽しめなかったり。
デフォルトが、思い通りにならないことだらけだから、
コントロールできる範囲が少しでもあれば嬉しいの。
自分で作った料理が美味しいのと、着飾って出かけたヌーベルシノワで食べたことない美味しいもの出てきても、どっちも嬉しいの。

とにかく、どうやってこの自分にとって大事な「余白の部分」を担保していくかをよく考える9月に決定なう。

2017.09.01
ぶっち