DSC_9689

ハルくん、お久しぶり。

暑いね。
7月になってから、熱中症に2回なって、ヘルニアの調子は悪いです。
1月末に休職を開始して、半年が経過しました。
最初はドギマギしたんだけど、比較的 休職も板について来て、
堂々と平日に夕方からプールに行ったり、十割そばでペペロンチーノ食べたり、タイムスケジュールを切って株の勉強をしたりしてます。

今の会社は副業禁止だから、収入面では制約があるんだけど、
それ以外は100%自分でコントロールできる人生がやっぱり快適や。

前回の記事で、一番気に入ってるのは土台取り出して「土台感ある」って自分を励ましてるところ。
ナイスファイ。
ちなみに小麦粉食べられないから、もし食べさせてくれるときは、クッキー抜いて米粉で作ってね。
あ、これもう9割9分 作ってくれないやつだ。

人生初つながりでいうと、わたし、生まれて初めて釣りに行ったよ。
栗田さんに小舟で沖まで連れて行ってもらったの。
以下、三大印象!
①スーパー楽しかった!
②エクストリーム船酔い!
③アルティメット短気!

まず、栗田さんに「今日、起きられたし、体調いいから待ち合わせ間に合うよ」ってメールしたら、「まじか!!!ぶっち来るとか、ちょーアガる!!」って返事が来たの。
約束通りにいけるよって言うだけでこんな上がってくれるのかよ、ていう喜びスタート。
そして、釣り船レンタル屋のお店のお兄さんが体温高い系。わたしのテンションもバビューンと上がったわけです。
ここで、ちょっと余談なんだけど、
わたし、大学受験の予備校は藤沢に通ってたのね。
横浜の予備校はどこもふたばがうじゃうじゃ居たから、学校さえ行きたくないんだから、察してくれるよね。逆方向の予備校に通わせてもらったの。

つまるところ、
片瀬江ノ島駅を降りると、そこは<青春の思い出>でした。

夏期講習の空き時間に砂浜で花火したり、はじめての彼氏と海ではしゃぎすぎて砂浜で眠ってしまって、ママから鬼の112着信くらったりしたことを激しく思い出しました。
ハルくんと同じくらいロマンチストな彼で、
誕生日に稲村ガ崎で「この夕日をプレゼントします!」って言われたこと、一生忘れないと思う。
豊かさってお金じゃないなっていう原点ココかも。

思いがけず壮大な話になりそうだけど、話を戻して。
釣りで感じたのは「自分、短気だな」ってことです。

釣りって、わたしの所感だと
・場所(どこ&どのくらいの深さ)
・エサ or しかけ
・動かし方

この3つだけ。
シーズン毎に調整は変わるんだろうけど、種類は違っても魚がいない時期はないから、なんとかすればなんとかなるんだと思うのね。
だから、何投かしてダメだと、すぐ諦めて次の何かを試したくなっちゃう。
嫌になったらすぐやめて帰れるところもすごく気に入ったから、
この夏は、釣りでキマリ♡

堤防で、ビールとじゃがりこ片手にぼんやりする予定だから、ハルくんも朝早く起きられて元気な日は一緒にぼんやりしよう。

2017.07.22 ぶっち