DSC_9159_1

ハルくん、
やっぱりハルくんって、わたしのこと分かってない。

こんなところでパワプロの話するなんてひどい。
あんな、僕が気に入りそうな記事一本でまたパワプロできると思ったら、大間違いなんだからね!
全然、懐かしくってニヤニヤしたりしてないし、
「(Nintendo)64どこ行ったかなー?」なんてちっとも考えたりしてないんだからねっ!
あと、44-2で負けたからパワプロに飽きたと思ってるみたいだけど、
本当はハルくんが1点入れた時点で、飽きてたんだよ?
ハルくんはわたしが前髪作っても、新しい服を買っても気付かないし、
きっと
私がウォッカトニックは大好きだけどジントニック苦手なことも、
ピアスが左耳には4つあいてるけど、右にはひとつもあいてないことも知らないんだと思う。

でも、わたしもハルくんのこと全然知らない。
どんな女の子が好きなのかとか知らない(そもそもあまり興味がない)し、
好きな食べ物もなんなのか分からないし、
パクチーが好きなのか嫌いなのかもよくわからない。
ホットのコーヒーをテイクアウトするときに付けてもらうフタをはずさないと飲めないことも知らなかったし。

こんな全然お互いのことを知らないわたしたちの関係を10年も支えているものってたくさんあるけど、
中でも「野球」って特別じゃない?

先週、友達の家で「高校野球名場面集」的なの見せてもらったんだけどさ、
名場面集的なものは何回も見たことあるし、見出しのユニフォーム見ただけで、
「あの試合な!えーっと、何年だっけ…やっぱりサードの子かわいい」とか軽く気持ち悪い脳内会話が始まるんだけどさ。
なんか先週は、すごく受け身な気持ちでその名場面集を見ていて、
「ああ、わたし、気分が沈んでるんだわ」って気付いたの。

わたし、自分の気持ちとか体調の異変にあんまり気付かなくて、
気付いたときにはもうガソリン0!みたいな状態なんだけど、
今回のこれで「高校野球名場面集さえ楽しめない」っていうものすごく偏ったバロメーターを見つけられたよ。人生が変わりそう♡

と、いうわけでわたし、やや気分が沈んでるから、
今回はこれでおしまい。

何か美味しいもの食べに連れて行ってよー、ハルくん。

2015.05.22
ぶっち